MENU

葉酸の過剰摂取はNG!

妊活中、妊娠中、妊娠していない女性や男性、どんな方でも一つの栄養素ばかりを摂れば偏った食事となります。葉酸は素晴らしい栄養素ですが摂り過ぎによって、食欲低下、吐き気、浮腫み、不眠、蕁麻疹、痒みなどの副作用が生じる場合があります。またオーストラリアで葉酸の過剰摂取により胎児が喘息体質となるリスクが高まるという研究報告がなされています。
ただし、これはサプリメントから過剰摂取した場合です。

 

葉酸は水溶性のビタミンですので、食品から余分に摂った葉酸の場合は、尿として体外へ排出されますので、副作用の心配はありません。
葉酸はホウレン草やモロヘイヤ、ブロッコリー、春菊、豆類、レバーなどに多く含まれていますが食品に入っている葉酸の量は少なく、また葉酸は熱に弱いので加熱すると栄養分は減少してしまいます。また体内吸収率は50%以下と低いので、葉酸を食品から多く摂ったとしても過剰摂取になってしまうということはありませんので、安心して食品からも葉酸を摂取しましょう。

 

葉酸サプリメント+食事からの葉酸=過剰摂取となってしまうのでは?と心配される方も多くいるかと思いますが先ほども申しましたように過剰摂取は、サプリメントから一定の量を超えた葉酸を摂取した場合に危惧されています。
厚生労働省では、1日1000μg以上の葉酸摂取は良くないと通知しています。
決められた量の葉酸をしっかりと守って、服用していけば過剰摂取の心配はありません。男性の場合、1日200μgの葉酸を摂れば良いと言われていますので、過剰摂取になってしまうということは少ないと言えます。
ちなみに過剰摂取の心配をして、葉酸を控えると逆に葉酸不足となってしまうので注意しましょう。特に妊娠初期は、多くの葉酸が必要となります。この時期に葉酸不足になると母体だけでなく、胎児の健康にも問題が生じる恐れがありますので、過剰摂取が心配な方は、食事から積極的に葉酸を摂るようにすると良いでしょう。
また葉酸サプリを飲んだ後は、飲んだ事をノートなどに記載しておけば飲み忘れによる過剰摂取を防ぐ事が出来ます。

 

 

このようにサプリメントの過剰摂取は、どんな方でも良くありません。
葉酸は妊活中の方や妊婦にとって、重要な栄養素ですがそれ以外のビタミンCやビタミンB12などの栄養素もバランスよく取り入れていくことで、その効果を大きく発揮してくれることがあります。
特に男性の場合、健全な精子をサポートしてくれる亜鉛やビタミンEなどの栄養素の摂取も重要ですよ。